校章・校歌

校旗・校章
校歌
作詞:石井直三郎    作曲:小林禮

段戸の山にゐる雲は
いつしか消えて朝はれぬ
矢作の流れ夕ばえの
かげをうつして今しづか

ああ江山のうるはしき
国に生まれて蓋世の
かの英雄が遺しけむ
誇りをいかでわするべき

遠くとも助けつつ
互いにかざす若人の
進取の剣 堅忍の
盾の前には何かある

理想を高く天(そら)にかけ
向上の路たどらむと
岡につどへばわがゆくて
希望(のぞみ)輝きわたるかな