ごあいさつ
学校長 柴田 悦己

 本校は、明治29年4月17日に開校した「愛知県第二尋常中学校」を嚆矢とする120有余年の歴史と伝統を有する学校です。創立以来、「たかい知性、ゆたかな情操、たくましい心身を兼ね備えた国家・社会の有為な形成者の育成」を目標とした教育を継続しております。これまでの卒業生は全日制、定時制を合わせて三万五千名を数え、県内はもとより、国の内外を問わず、様々な分野の第一線において活躍しておられます。

 本校では、「授業」「学校行事」「部活動」を教育活動の三本柱として重視し、生徒の自主性・主体性を尊重しながら、師弟が一体となった取り組みが行われています。

 授業は、学校生活の中心であります。授業をより充実した楽しいものとするために、予習・復習を徹底すること、実験や観察等の探究活動を重視した取り組みを実践することを重視しています。また、学校行事においては、生徒会を中心に生徒の創意工夫を生かした様々な取り組みが行われ、毎年度大いに盛り上がっています。
 部活動は、授業後や休日に活発に行われており、運動部だけでなく、常に全国レベルのコーラス部をはじめ、スーパーサイエンス部、弁論部、ジャグリング部、応援部など文化部も多彩で、熱心に活動しています。

  このほか、自らの将来の職業選択を視野に入れた、進路希望の実現に向けて、課外補習や個別指導とともに、学校外における体験学習や、様々な分野で活躍しておられる先輩の講話なども計画的に実施しています。さらに、イギリスに生徒を派遣するなど国際交流事業も積極的に推進しています。

 校舎も教室も、そこで行われる様々な教育活動も、多くの先輩から後輩へと大切に引き継がれてきたものばかりです。全ての生徒・教職員が、刻まれた歴史の重みと岡高の一員としての誇りと責任を感じつつ、今日も生き生きと学校生活を送っています。

 このホームページを御覧になられた皆様には、本校のますますの充実発展のために格別の御理解と御支援を心からお願い申し上げます。